GENGORO

menu

Works

『サンタントアと漆和紙との出会い』
Encounter with Saint Antoine and Japanese lacquer paper.

Concept

「漆和紙との出逢い」
屏風:「サンタントアからの手紙」からの二作目です。
二人が漆和紙に出会いました。それは、漆と和紙の融合が奥の深い色合いを醸しだし、月日が漆の色変化を楽しめる一枚一枚手作業で制作された和紙です。その中の「黒稿Kokukou」という黒漆に金やプラチナの砂子を振りかけてオーク材の特注フレームに張り込み屏風として完成させました。

漆和紙パネル
漆和紙を杉材フレームで囲ったアートパネルです。色は黒の「黒稿」と茶の「春慶Syunkei」の二種類です。小口には杉の年輪が浮かび上がる本金箔で仕上げました。
それぞれ「黒稿」に青金(4号金)、「春慶」に赤金(2号金)で豪華に演出したモノもあります。
"Encounter with Japanese lacquer paper"
Folding Screen: This is the second work from "Letters from Saint antoine".
We met Japanese lacquer paper. The fusion of lacquer and washi creates a deep color, and the paper is hand-made one by one to enjoy the color change of lacquer. We sprinkled gold and platinum sand on black lacquer "Kokukou" in it and put it on a custom-made oak frame and completed it as a folding screen.

Urushi(lacquer) Japanese paper panel
This is an art panel in which lacquer Japanese paper is surrounded by a cedar frame. There are two types of colors, black "black manuscript" and brown "Shunkei Syunkei". The fedge is finished with gold leaf with cedar grain.
There are also gorgeous productions of "Kokubun" in blue gold leaf(No. 4 gold) and "Shunkei" in red gold leaf(No. 2 gold).

All >>